ヘルメシなび

ダイエット中に!お肉の食べ方2ルール

松原郁実

ヘルメシマスター: 松原郁実

「ダイエット中なのでお肉は一切食べません!」

私が食生活カウンセリングをする中でよく聞く言葉です。

ちょっと待って!お肉に含まれるタンパク質は血液・筋肉・骨・内蔵となる、身体に欠かせない栄養素です。不足すると肌荒れや髪のパサつき、痩せにくい、風邪や怪我をしやすく元気がない、仕事の集中力が続かない、なんてことが起きてきます。

では、ダイエット中でもお肉を上手に食べるにはどうしたらいいのでしょうか?

1.赤身肉を選ぶ
牛もも肉や豚ヒレ肉は脂肪分が少ない赤身肉です。1食の目安量は、指を除いた手のひらの大きさ・厚みが◎。また、脂肪燃焼を促すL’-カルニチン、貧血を予防する鉄分も豊富です。

2.油を使用しない調理法
鉄板焼きやローストビーフなど、原型に近い形で食べましょう。

ダイエット中もお肉を味方にして(もちろん野菜や雑穀米も♪)、美味しく賢く食べたいですね!

XEX TOKYO

「鉄板焼An」では厳選された和牛ステーキをスタイリッシュなカウンターでいただけます。このおしゃれな雰囲気は、ダイエット中のご褒美レストランとしてもお勧め。