ヘルメシなび

生産者の顔が見えるレストラン

TABLE FOR TWO 栄養士サポーター

ヘルメシマスター: TABLE FOR TWO 栄養士サポーター

美味しい料理の向こうには、手間ひまかけて野菜や生き物を育てた生産者のみなさんがいます。

スーパーなどでは、「生産者の顔が見える」商品がすっかりお馴染みになりました。いのちを育む人の顔が見えると、食事の美味しさや食材の生命力をぐんと強く感じるものです。今回は、生産者の方との交流や生産方法の選定に力を入れているお店をご紹介します。

六本木農園

生産者と消費者の繋がりを大切にしているレストラン。全国各地から届けられた新鮮な野菜を活かした、オリジナルの食事を頂くことができる。季節によりメニューも変わるため、その時々で旬の野菜料理を楽しめる。農家さんがこだわりを語る「農家ライブ」などイベントも多く開催。日程を合わせて訪れてみても良いかも。

離島キッチン

日本各地の離島から集めた厳選食材を使った料理が堪能できる。離島ならではの海の食材を使ったメニューを丼ぶりでだけでなく、美味しい味噌汁や小鉢料理でバランス良く楽しめる。